■レンタル収納スペースって何?
 
  最近よく目にする「トランクルーム」「レンタルボックス」「コンテナボックス」などなど・・・

名称はいろいろありますが、大きく分けて、倉庫業法に基づく「認定トランクルーム」と
場所貸しの「レンタル収納スペース」に分類できます。

認定トランクルーム」は専門業者との寄託契約となり、貴重品等も預けることができますが
保管物の出し入れには業者の立会いが必要で、出入時間も制限されることがあります。

一方「レンタル収納スペース」は、一般業者との収納場所の賃貸借契約となり、貴重品は
預けることはできませんが、出入が24時間可能、業者立会い不要など、比較的安価で、
簡易に利用することができて、一般家庭のクローゼット代わりに、会社の倉庫代わりにと
利用されることが多くなってきました。
 
  ●レンタル収納スペースの主な特徴
     
    契約形態 収納スペースの賃貸借契約になります。(借家法には基づきません)
    事業主 一般業者(ビル所有者、不動産仲介業者など)
    保管物 家庭・会社の備品、書類など(貴重品は不可)
    出入時間 業者の立会い不要、24時間対応が一般的
    管理体制 貸主は保管物の損害責任については負わないのが一般的